ダイズ畑の葉巻の正体とその対策は?

富山県農林水産総合技術センター 農業研究所
青木 由美

はじめに

ダイズ畑でみられる葉巻は、「ウコンノメイガ」というガの幼虫の仕業である。この害虫は全国的に発生しているが、北陸・東北地方で特に多い(1,2)。発生量は畑や年によって差があり、防除が遅れると被害が大きくなることから、予防目的で薬剤散布が過剰に行われることがある。そのため、近年は葉巻数を指標とした適正な薬剤の目安が設定されている。

発生生態

ウコンノメイガは年2世代発生する。世代によってエサとなる植物が替わる。夏場(第1世代)はダイズを、秋〜春(越冬世代)は山沿いに自生する野草(イラクサ科のアカソやカラムシ)をエサにする(図1)。北陸地方では、7月上旬頃に成虫がアカソ等の自生地からダイズ畑へ飛来し、産卵する。ふ化した幼虫はダイズの葉巻の中で成長してサナギとなり、その後8月中下旬までに成虫となる。しかし、ダイズには産卵せず、再びアカソ等の自生地へ移動して産卵し、幼虫で越冬する(1,3)(図2)。なお、幼虫は光沢のある淡緑色で、2センチ程の大きさになるが、成虫は翅(はね)を広げた大きさが約3センチの淡黄褐色のガで、日中は葉裏に潜み、主に夜間に活動する。

  • 図1. ウコンノメイガの寄主植物
    A. ダイズ(葉巻がみられる)
    B. アカソ
    C. カラムシ
  • 図2. ウコンノメイガ
    A. 卵塊
    B. 幼虫
    C. サナギ
    D. 成虫

被害

ダイズ畑では7月中旬から葉巻がみられ(図3)、生育が旺盛で葉色が濃い畑や播種時期が早い畑、アカソやカラムシが自生している山沿いの畑で多く発生する。「里のほほえみ」など生育が旺盛な品種でも葉巻被害が多くなりやすい(4)。また、7月中下旬に降水量が多い年は、被害が大きくなる。幼虫の小さいうちは葉の縁を折り曲げ、成長すると葉をロール状に巻き込んだり、複数の葉をつづったりし、中で葉を食害する。ある程度食害すると移動して新しい葉巻を作る。幼虫期間が終了する8月中下旬に最も葉巻数が多くなる。子実は加害しないため、収量に及ぼす影響は小さいが、被害が著しいと、子実が小粒化するため減収につながる(5)。

  • 図3. ダイズの葉巻被害の様子
    A. 葉の縁を折り曲げた葉巻
    B. ロール状の葉巻
    C. 著しい被害株

防除の目安

被害に気付く8月中下旬以降は、老齢期の幼虫やサナギが主体となるため、防除の適期が過ぎており、効果が期待できない。幼虫の発生量は畑によって差が大きいので、発生リスクの高い早播き畑や生育の旺盛な畑を中心に巡回し、簡便に調査できる「葉巻数」を幼虫の発生量の指標にする。葉巻数が増加し始める7月下旬に葉巻数を調べ、各県が設定している「防除の目安」に従い防除要否を判断する(6)。富山県の目安では、7月第6半旬(26〜末日)の1本当たりの平均葉巻数が6個以上の場合、防除が必要となる。この時期の葉巻は小さいので、見逃さないように注意する。また、わずかに巻かれた葉も数える。幼虫の発生量は畑ごとの成虫の飛来数によって決まる(7)。したがって、フェロモンを利用して成虫の捕獲数を調べれば、早期に幼虫の発生量や被害量を予測できるので、簡便な防除基準の実用化に向けた研究が進められている(8)。

防除法

極端な早播きや多肥栽培を避け、成虫の飛来数を減らすことが大切である。大規模な経営体では、播種時期や畑の条件によって生育量が異なるため、幼虫の発生量にもムラが生じる。このため、減農薬の観点から、薬剤防除は防除暦一辺倒に陥らないことが重要である。7月末に畑単位、あるいは播種時期別のブロックごとに発生状況を確認し、「防除の目安」に従って行う。また、幼虫の齢期が進むほど薬剤に対する感受性が低下するので、防除は、幼虫が若・中齢期にとどまっている8月初めまでに遅れずに実施する(1)。現在、系統の異なる複数の薬剤が登録されているが、特にクロラントラニリプロール水和剤などジアミド系殺虫剤の防除効果が高く、残効も長い(4)。なお、畑全面に著しい被害がみられ、小粒化の程度が大きい場合は、他の畑と区別して収穫し、乾燥・調製も別に行うことで、全体の品質低下を防ぐことができる。

このページの先頭へ戻る
iPlant|ISSN 2758-5212 (online)