天敵テントウムシ剤による促成ピーマンのアブラムシ防除 -アブラムシを見つけてからの発注では遅すぎる-

茨城県農業総合センター
原 涼子

はじめに

アブラムシ類は増殖力に富み、吸汁による直接的被害と植物ウイルス病の媒介やすす病の誘発による間接的被害を与える農業生産上の重要害虫である(1)(図1)。アブラムシ類に対する生物防除として、捕食性テントウムシ類による天敵製剤(以下、テントウムシ剤)が複数実用化されている(2,3,4)。しかし、ピーマンの促成栽培ほ場でアブラムシ類の発生確認後にテントウムシ剤を発注した場合、放飼時にはすでにテントウムシ剤では防除できない水準にまでアブラムシ類の生息密度が高まってしまっており、防除を失敗する事例が多い。そこで本稿では、アブラムシ類の発生を確認する前に期日を定めて放飼する「スケジュール放飼」の効果を検証した。

  • 図1. 茨城県神栖市のピーマンほ場におけるアブラムシ類の発生とすす病などの被害
    A. アブラムシ類による被害株
    B. アブラムシ類による果実および成長点の被害

放飼上の問題

前述のように、テントウムシ剤によるアブラムシ類防除は、アブラムシ類の生息密度が高くなってからの放飼では、十分な防除効果が得られない(2,3,4)。しかし、生物農薬であるテントウムシ剤は在庫保管しておくことができず、使用する度に発注する必要があるため、実際に放飼可能になるまである程度の日数が必要となる。また、アブラムシ類の発生を早めに確認することも簡単ではない。例えば、筆者の担当する地域において促成栽培を行う大規模農家には、他作物(他作型)の繁忙期と重なるなど、隅々まで株の状況を見て回ることが困難になる時期があり、さらにその時期がアブラムシ類の発生時期と重なっていることが多い。この場合、テントウムシ剤の放飼のタイミングが遅れ、防除失敗の大きな要因となってしまう。

テントウムシ剤の「スケジュール放飼」とその効果

「スケジュール放飼」では、アブラムシ類の発生を確認してからではなく、例年アブラムシ類の発生が見られる時期に前もって発注を行い、先んじてテントウムシ剤を放飼する。また、餌となるアブラムシ類が不足する中でも防除効果を保つために、放飼と同時にブラインシュリンプ耐久卵と糖蜜を染み込ませた代替餌「天敵用餌ひも」(4)を50m/10a展張する。
ここでは、現地で広くテントウムシ剤として使用されているヒメカメノコテントウ剤を用い、2022年10月から2023年2月まで効果を検証した結果を紹介する。茨城県神栖市の大型ハウス2棟に、スケジュール放飼区(10月末と1月末に、それぞれ1週間間隔で2回スケジュール放飼する)に、慣行放飼区(アブラムシ類の発生を確認してから剤の発注を行い、1週間間隔で2回放飼する)を設置し、10月から2月まで、おおむね2週間ごとに、ハウス内の全ての株についてアブラムシ類の発生程度(発生株数と発生程度)を目視で調査し、比較した(表1,2)。スケジュール放飼の時期については、実証農家への聞き取りと、同農家宅で昨年まで実施していた調査の結果より、11月上旬と2月上旬を発生開始時期とし、それより1旬(10日程度)前に設定した。
10月末(10月27日)のスケジュール放飼後、両区でアブラムシ類の発生が確認されたため、慣行放飼区でも11月10日から放飼を行った。慣行放飼区ではその後アブラムシ類の発生範囲が拡大したため、11月22日にニテンピラム水溶剤(IRAC:4A)を散布したが、その後も発生拡大が続き、12月8日に再びピメトロジン水和剤(IRAC:9B)を散布した。このとき、スケジュール放飼区のアブラムシ類の発生程度は慣行放飼区の2割以下に抑えられていたが、次のスケジュール放飼まで2か月程度あったことから、スケジュール放飼区にも同剤を散布した。なお、本地域ではアザミウマ類やコナジラミ類の防除を目的としてカブリダニ剤が広く使用されており、本試験ほでもスワルスキーカブリダニ剤、リモニカスカブリダニ剤が放飼されていたため、両カブリダニ剤に影響の少ない剤として同剤を選択した(5)。
その後、1月末(1月20日)のスケジュール放飼後、1月26日に両区でアブラムシ類の発生が見られたが、すでにヒメカメノコテントウ剤を放飼してあるスケジュール放飼区では、発生程度が慣行放飼区の3割以下であり、その後発生が見られなくなった。一方、慣行放飼区でも放飼後3週間程度でアブラムシ類の発生は見られなくなった。調査期間全体のアブラムシ類発生程度を累計すると、スケジュール放飼区は慣行放飼区と比べて低く、約1/4に抑えられた(図2)。

  • 表1. 実証ほの構成
  • 表2. 処理区の内容
  • 図2. アブラムシ類の発生程度の比較

    ※ アブラムシ類発生程度:主枝ごとに、無=0、小=1、中=2、多=3、甚=4の5段階で評価を行い、その評価値を積算、10aあたりに換算して算出した。

おわりに

以上のように、従来実施していた「アブラムシ類を見つけてから天敵を放飼する」方法よりも、計画的なスケジュール放飼の方が、促成栽培におけるアブラムシ類を効果的に防除できた。スケジュール放飼は省力的で防除計画を立てやすいという利点もあり、化学合成農薬の散布とアブラムシ類の発生確認が困難な高齢の農家にも、好意的に受け止められている。このような省力的な防除手法を確立していくことで、大規模施設ピーマン栽培における生物的防除をさらに広め、化学合成農薬の使用量を削減していくことができると考えられる。これは、近年問題となっているアブラムシ類の薬剤抵抗性の発達を抑制するためにも重要である。

このページの先頭へ戻る
iPlant|ISSN 2758-5212 (online)